スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

9月 理事会

2012.09.06.13:03

昨晩は9月度の理事会でした。

大阪同友会全体ではこの8月でようやく期首会勢に戻し、プラマイゼロになっています。
マイナスに歯止めがかかっていなかっただけに少し安心です。

東大阪西支部は順調の増強数をキープしており、きっちり純増も達成しております。
しかし退会も目立ってきているのは少し気になるところです。
しかも結構同友会に参加されていた方が離れていく場合が今期は特にあり、それぞれの事情もあってですので仕方ないのですが、また復帰していただきたいものです。

同友会は再入会になると入会金は不要という素晴らしいシステムがあります。
是非活用いただき、また共に学びたいですね。

昨日のG討論では組織の話になったのですが、先月の理事会で愛知同友会の事例を学ぶということで、お話しをお聞きしました。
ブログにも書いていたかとは思うのですが、愛知同友会はかなりの覚悟を持って組織を再編されたそうです。
「改革断行」という言葉を使われていました。

思わず意見として、「大阪は愛知のように本当の意味での覚悟があるのでしょうか? 組織再編、小グループ化を本当に進めようと思えば、真の覚悟が必要では‥」などど述べてしまいました。
私は、東大阪西支部の皆さんは、それだけの覚悟を持って支部運営にあたり、会員の学びと経営を良くするために日々活動している‥と言いたかったのですが、「覚悟を持って改革断行しなければ‥」という部分が強調されてしまい、少し焦りました。

しかし小グループ化、組織再編が良いか悪いかは別として、ひとつの大きな流れを変えていこうとすれば、当然説得、納得の話し合いは必要です。
しかし、ある時期にくれば、「力わざ」も必要なのではないでしょうか?
そうしないと、誰も責任を取らない改革となってしまい、そんな改革が持続するはずはありません。
皆さんはいかがでしょうか?

最後に‥組織再編を断行せよとは言ってませんので、そのあたりは誤解なきよう‥(笑)

P1020956.jpg




スポンサーサイト

comment

Secret

No title

2012.09.07.16:08

愛知の小グループ活動の取組みは素晴らしいと思います。でも、現在大阪が取り組んでいる小グループ活動は、愛知とは全然違います。小グループ活動をやれば活性化すると思ったのかもしれませんが、愛知での取り組みの肝心なところを理解せずにやったのでは成功するはずがありません。愛知の肝心なところは、①トップダウンである②全員を参加させる③出欠を厳しく管理する④しくみがシンプルであり、短時間であること⑤同友会や支部の情報を末端まで伝える⑥経営の話ができる等などと思います。上辺だけ真似ても駄目ですよね!

Re: No title

2012.09.07.17:36

おっしゃるとおりです。
そこに今回の組織再編の危うさがあるような気がします。
プロフィール

higashioosakani

Author:higashioosakani
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。